1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

COLDSLEEP

まどるdが趣味でかいた小説をだらしなく垂れ流す場所


"未分類" posts

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

そろそろブログも潮時かなと

MI     TA       NA☆

残念ながら地雷っす! デン助さんの所で拾わせていただきますた!

【創作活動バトン】

□小説・絵・詞・曲など、創作をする人5人にバトンを回してください
ふうううははははははは!! 暇だった! それだけだ! やりたい人はやるがよいガンダムウウ!! 

□あなたが創作するものは?
小説と時々音楽かな。主に小説をやってるけど気晴らしに音楽作ったり。ニコニコの方にも投稿しております。全てが自己満!万歳!

□することになったキッカケは?そしてそれはいつ?
何だったかなぁ。一番のきっかけはあれだ、ロード・オブ・ザ・リングかな。あの映画を見て、自分もこういう王道ファンタジーを書きたい!! と思って確かふるーいワープロでちまちま書いてた。今にして思えばあんな大作みたいなのを書こう! と思った自分が恐ろしいわ……。そん時の題名がたしか『レジェンド・ストーン』(笑)だったなー。たぶん中一の頃かな。何でもできた気がしていた厨房……。懐かしい。

□自信作は?

作品数事態が少ないのでこれと言って、という状態であります大佐。ただ、あえて言うならDear Hackerですかね。結構短い期間であれだけ書けたから自分の中では満足。でも色々と不安要素もあるからもっと勉強してから書き直したいなぁとも思ってる。

□自分の創作の原動力は何だと思う?

んー、なんだろ。とにかく書くのが好きなのかなー。資料を読んで新しく知ったことを文章にしていくのが最近は楽しいので、そんなとこ。

□コレで食ってく?

それはない(笑) 飯食ってけるほどの実力なんてあったらとっくにバイトとか辞めてるから。

□よし、出版社紹介してやる

今からバイト辞めてくる。うおし、今辞めるって電話してきた。

□悪い、ダメだった

お前は一人の男の人生を破滅に追い込んだのだ!!

□それじゃぁ、回す人に一言

ガッデム!

以上になります。

スポンサーサイト

Comment: 4   Trackback: 0

09 15 ,2011  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

学外実習を終えて

色々書こうと思ったけど、一言に尽きる。行く前は嫌々だったが










行ってきて本当に良かった



以上。

Comment: 2   Trackback: 0

09 09 ,2011  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

3

「来るぜ」
 彼が言う。たくさんのプレゼントを背中にしょってると。
「分散型サービス拒否妨害(DDoS)攻撃か」
 第三者にハッキングを行い、これに目標へと大量のデータを大量に送信し、過負荷を与えて機能を停止させるやり方だ。かつて、有名な企業、ソニーという会社がハッキング組織、アノニマスにDDoS攻撃を受け、更には一億人にも及ぶ個人情報が流出したという話は有名な話だ。
 それだけじゃない。それ以前にもサイバー戦は始まっていた。だから、アメリカはサイバー攻撃を戦争行為とみなすようになったし、陸、海、空、宇宙にくわえてサイバー空間を第五の戦場として認識した。イメージしにくいかもしれない。人の死ぬ場面を想像できないだろう。けれど、一つの間違いで重要な機密が引き抜かれ、用意周到に対策が立てられ、行動の一切が無に帰すという事を考えれば、それは一人の死の重大性と、大量の死を悲惨性をごちゃまぜにした、国の死が垣間見える。
「想定内だ」
「どうする」
彼が訊いてくる。
「誘導する。やつらを嵌めるのさ」
「できんのかい?」
「お前がいる」
「栄光の極み」
「やってくれるな?」
「任されて」
 予め用意しておいた疑似メインPCへのアドレスのリンクを、プレゼント(データ)をしょい込んだサンタクロースのルートに敷いておき、奴らを誘いこむ。そして、大量のプレゼントを、廃棄され、人類の記憶からも既に消えつつある企業のPCへと落としていく。そこに、喜ぶ子供の影がない事も知らずに。与えられた命令だけをこなす人形には、その事を理解できないだろう。そこに誰もいなくても、ただただ命令に従い、誰もいない家にサンタクロースが煙突から入り込み、煤を払いながら膨らみも何もないベッドの横にプレゼントを置いていく。なんとも虚しい光景だ。
 彼が罠を敷き、それに踏み込んだサンタクロースたちは一斉に矛先の向きを変える。去っていくサンタクロースを見送る―と言っても文字でしか表わされていないが―と、次の作業へと取り掛かる。
 IPの川だ、と思えるほどの大量のアドレスが私のディスプレイに映し出された。その流れを遡り、源泉へと向かうために私はソフトウェアを起動させる。それこそ、私がDDoS攻撃のカウンターのために作り上げた物、分散型策敵ツールで、IPが通ってきた多数の道のりを辿る様にして自動追跡する代物だ。起動すると同時に表示されたIPへの逆算が開始される。解析結果は三十秒ほどで出て、いたって簡単な解析結果だった。その簡単な結果に、私は自分の背筋が凍りつくのが分かった。
「……全部中国だ。この戦いを、中国が見張ってる」
 その違和感に私は激しい焦燥を覚えた。世界各国から集められたはずのハッキング集団、もといサイバーテロ組織であるはずのブラック・バスの攻撃だと思っていた私は、この国名を目にして恐怖に戦慄いた。今ここで中国の名前が出てくるのはおかしくはない。おかしいのは、DDoS攻撃を行った全てのアドレスが中国だった事だ。
 中国がアメリカに攻撃を行うこと自体は少なくはない。かつては国防総省(ペンタゴン)へのハッキングを行い、データを盗むという行為まで行ってきた国だ。だから、このこと自体には違和感はない。しかし、状況が状況なだけに、この行動が何か重要な意味をもたらすのではないか、ということに私は恐怖した。私の知らないところで、何か大きなものがうごめいていて、一つ間違えれば綺麗に奈落の底へと落ちていく、そんな事を感じていた。
「珍しくもない、中国からか」
 彼が陳腐にそんな事を言うもんだから、私は少しばかり安堵して息を吐いた。
「気ぃつけた方がいい。眠れる獅子ってのはこえぇもんだ」
 そんな彼の声が、妙に真剣めいていた。実際は合成音声だから感情のこもっていないなめらかな声だったけれども、ファンの回る音だけが響くこの部屋で、ましてこんな状況でそんな言葉を聞いたらまともに受け取るしかなかった。
「一枚噛んでる、と」
「分からん。が、攻撃を仕掛けてくるところを見りゃあ、何かを隠していると思うが普通だ」
 沈黙が降りる。陰謀めいた何かが、私の前に降り注ぐようだった。思考が停止したのが客観的に分かった。
 大きな産業革命期を迎え、経済的にも技術的にも飛躍的に進歩した国は、かつての影を打ち消すほどの輝かしく、眩い黄金期を迎えていた。それでいても、彼らはそれまでのネット規制を緩める事はなく、ある意味ネットワーク上の鎖国状態に陥っていた。情報発信する際には検閲がかかり、国のイメージ、秩序、法律が乱されるような情報ではない事が確認され次第、その情報はネット上に掲載される。つまり、そこには情報の自由がない。全ての情報は国によって管理され、国にとって有利な情報だけがネット上に掲載され、情報の正確性が失われた、いわゆる濁りきった情報とも言うべきものだ。
そんな規制があるからこそ、中国という国は他国からの侵入を許さない。著しく強化されたサイバー戦部隊は他国からの侵入を防ぐだけでなく、そのカウンターこそが脅威であり、他国を驚かせ戦慄させる。眠れる獅子、とはこのことだ。眠りを妨げられた獅子は猛然と敵意を向けるものへと向かい、その喉元を食いちぎる様にして相手の情報をもぎ取ってくるのだ。
《イスラム法廷会議アル・シャバブ派の代表を捕獲》
 部隊からの通信。ディスプレイに映る地図を見ると、部隊が確保後の目的地へと向かい始めている。
《よし。サイバー部隊はこのまま支援を》
 私は首を振り、さっきまで考えていた事を頭の中ら排除し、作戦へと集中する。やがて、作戦は成功。部隊は無事帰還する事に成功したのだった。

Comment: 0   Trackback: 0

08 08 ,2011  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

コメント返信

なんと制限オーバーらしく不正と判断されちゃったのでこちらで^^;

>月黎風さん
ようこそおいで下さいました! まだまだ記事は少ないですが楽しんでいただけたら幸いです。

> なんかいい小説が書けそうな記事ですね^^
 しかも文面から、戦場の臭いがしてきそうな表現や文章が素敵です。

ありがとうございます。最近はSFとか戦争ものを好んで読んだりしていて、そいうの書きたいなーと思ってますねー。しかし、テーマは面白そうだけど知識、文章力がないため、満足のいかない作品になってしまいそうで怖いんですけどね^^; テーマだけでお腹いっぱいっす!

>そういえば戦場で敵を倒すことって、正義なのか? 悪なのか? という質問ってよく聞きますね。
侵略か防衛か、そのときの国の方針、宗教とかいろいろな要素でも変わってきちゃいますが。

難しい問題ですよね。しかし、この問題はその人の立場によって味方は変わってしまうので、決定的なものは何もない、と思います。やはりベタですが、そこに正義も悪もないと思いますね。最終的に行きつくのは個人の思考なので、正義や悪では片付けられない意志の奔流がぶつかり合い、合流し、また離れる場所でしかないと。

>戦争はただの人殺しという人もいます。

正直、人殺しの枠に収まるような事じゃないと思います。人殺しの大半は意志で行う事です。それも自分の意志で。でも戦場の人達は(人を殺す事が楽しい人を除いて)自分の意志で、人を殺すだろうか。確かに、意志を込めて殺すのだけれど、その意志は果たして自分の欲求から生まれた物なのかという事を考えると少し疑問な訳です。つまりは、それは戦争という強制力から生まれたものではないか、と。それを踏まえて考えれば、単なる人殺しの一言で終わらせるのはお門違いじゃない? と思うのです。

>きっとその人たちも、”これは家族を守るためだからしょうがない。人殺しとは違うんだ”とか言って、戦う気がします。
 ほとんどの人がそうだと思います。というか、それしか逃げ道がないですから。精神的な逃げ道として。たとえ、政府から沢山殺してもいいよ、それは正しい事だよと言われても、人間の持つ、倫理、道徳がそれを許さないでしょうから。

>戦場においての正義とは、自分を『正』当化するための大『義』名分なのかしら?

皮肉な表現をすると、まさしくそうなんじゃないかなと思います。言葉って上手く出来てるよなぁ……。

とまぁ、長い返信になってしまいましたが、記事を読んで何かを感じ、考えていただけた事を光栄に思います。
コメントありがとうございました!! ぜひともまた遊びに来て下さいな^^

Comment: 0   Trackback: 0

07 31 ,2011  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

俺の答案がこんなにも白紙なわけがない!

 テストの時期でありまして、まどるD必死こいてます。ちきしょー、本読みたいしなんか書きたいし、やりたいことたくさんあるのに今年は学外実習と題して企業の方へと体験入社みたいなのをせにゃならん。三週間も。夏休み期間がじぇんじぇんないな・・・・・・。まぁ、これも勉強か。


 次の作品のお話。記憶改変みたいなの書きたいなぁ。MGSことメタルギアソリッドの二作品目、サンズ・オブ・リバティのライデンみたいなのを書きたい。とかほざいている僕ですが、やったことありません。話をかじった事あるくらい。いいんだ、それだけで腹いっぱいなんだから!

その前に勉強しなきゃ……はぁ。。。。

Comment: 0   Trackback: 0

07 29 ,2011  Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。