FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

COLDSLEEP

まどるdが趣味でかいた小説をだらしなく垂れ流す場所


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: 駄文   Tags: ---

さて

続き


以下ネタバレ注意!!
















で、そうそう。反米的な意志を書いてみたかった。これはある作品の影響なんだけれども、恥ずかしながら僕は今までアメリカは絶対的な正義と思い込んでいた。っていうのは言いすぎだけれども、例えば映画とかでも主人公はアメリカ人で、次々とかっこいいことをこなして称賛される。
 あ、もちろん、日本との問題である米軍基地の問題については色々と意見はあるけれども、そこは割愛させていただく。
 で、SF本をよく読み始めたころの話。ある作品で、アメリカ人の主人公がアメリカを混沌へと貶める(貶めるという表現はおかしいとも思うけど、あえて使う)作品があった。それを読んで、僕は首をかしげたものだった。
 それについての言及はしない、けれどそこに興奮したのは事実だ。正義だと思っていた存在に自国民が敵意を向けるなんて、と。もちろん、意味あっての行動だ。だからこそ、ロジカルな意識があるからこそ興奮したんだ。ただの気まぐれで行ったのなら、それはただの暴力になってしまう。
 一体何が、反米意識となるのか。反米意識とはどういうメカニズムで生まれるのか。まだまだ勉強しないとなー、と思う。今回は、正義という、そこら変に転がっているような道徳的な言葉をプラカードに張り付けただけで後には何もついてきていない、中身の無い意義の犠牲になる事からの反発による反米意識、みたいなのにしたけれども。覇権国家、アメリカがやりたい放題、中国がすきを狙い、他の国が振り回される現状を主人公は怒ってるわけで。どうしようもねーなという状況の中、目の前には『力』がありまして。結局ほいほいつられちゃいましたという結果になったね。

しかし、見返してみると色々とひどぅい! あれだ、目の前に好物吊り下げられてどこまでも追いかける馬鹿のごとく突っ走ってる文章だな。これが、今の自分の文章力ということである。
色々と頑張らないとなぁ。意見、批評、感想、罵倒、告白、濃く吐く、独白、毒吐く、なんでも良いのでコメントしちゃってくださいね。でもスリーサイズだけは教えられねぇな!
スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

07 26 ,2011  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。