FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

COLDSLEEP

まどるdが趣味でかいた小説をだらしなく垂れ流す場所


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: Dear Hacker   Tags: ---

5

 私が連れてこられたのは、国防総省(ペンタゴン)の一室である。ここまでにたどり着くまでに、沢山の認証ゲートを通ってこなくてはならなかったので、私は既に疲れてしまっていた。会議室が集合している場所へと進むと、それはそれは御大層なネーミングの会議室がずらりと並んでいた。ここで世界に対する『手段』を話し合われているのだと考えると、私はとんでもない場所にいるんだなと苦笑いが浮かぶばかりだった。
「ここだ」と上官殿が告げたドアにプレートが吊り下げられていて、曰く。
 ―――ソマリア情報集約会議。
 私が連れてこられた理由がよく分かった。ここ二日風呂に入れさせてもらっていないし、服ももう四日も変えていないから、汚らしいのに大丈夫なのだろうか、と思いながらも自分の気にするところじゃないかと考えなおして、指定されたデバイスに掌を押し当て、認証を完了する。
 入室すると、それはそれは壮観な眺めであった。一斉にこちらを向くお偉いさん方の注目を浴び、私は卒倒しそうになった。
 空いてる席へと促され、座らされる。隣りに上官殿が座ると、ある男が立ち上がり自己紹介を始めた。男は国防情報局(DIA)の国防次官だそうで、ホルト・ブライアンと名乗った。彼は全員へと一瞥をくれると、部屋を暗くした。壁面スクリーンに一人の男の写真が映し出される。
「こちらは先の作戦で拘束に成功したイスラム法廷会議アル・シャバブ派、最高指揮官のモハメド・ユースフです。大統領襲撃を直接的に指揮し、独立宣言および、暫定連邦政府への宣戦布告を行いました」
 画面は切り替わり、続いて映像が流れ始めた。どうやら、モハメド・ユーフスとのやりとりらしい。
 映像はいたって穏便なものだった。大統領襲撃、独立宣言、宣戦布告を行った人物とは思えないほどに落ち着いており、自分が拘束されていることを自覚していないかのように静かに受け答えしている。
 私が衝撃を受けた事は間違いなかった。帝国主義的な考えを持つ者は、資本主義に対してもっと反発的な反応を見せると思っていたからだ。それは、世界の暴動を見て分かる様に、帝国、共産主義的な民は資本主義を嫌悪し、牙を剥き、わめきたてるイメージが常に付きまとっている。
 だが驚いた事に、モハメドは時折静かに笑うのである。それが挑発なのか、余裕なのかは分からない。先進資本主義の尋問の在り方がジュネーブ条約に則り、暴力は一切行われない事を知っていたとしても、焦りも悪意も何も感じられない純粋な笑顔が垣間見える事は異常と言えた。映像が止まり、明りが点けられ、ホルトが立ち上がる。
「映像は以上です。彼にはヒズブル・イスラムとアルカーイダとの関与の疑いもあり、調査中です」
「引き続き、調査を」
 と、熊のような巨躯の男が言う。どうやらこの会議の議長らしく、手元に置かれたコップの横のプレートに『国家安全保障局(NSA) トーマス・ハリソン』と書かれていた。細められた眼は射抜くように鋭く、威圧に満ちていた。ホルトが礼をし、座る。
 さて、と彼は言い、私へと視線を向ける。
「君は、この作戦に対サイバー戦人員として活躍したと聞いている。君の活躍は素晴らしいよ」
 彼は微笑んでそういうが、目は笑っていない。その緊張感が身に染みていくようで、私は声も出せずにただ礼をする事くらいしかできなかった。
「我々の国の中に、攻撃を仕掛ける者を見つけてくれたのも君だと聞く。そいつは無事逮捕できたよ。処罰もじきに決まるだろう」
「一体、どんな……」
 私は恐る恐る聞く。
「国家を危険にさらしんたんだ。重い刑になる事は間違いないだろう」
「私みたいに、サイバー部隊の人員として組み込まれる事は……」
「ないだろう。君と彼が違行った事は違う。君は、確かにハッキングという犯罪を犯した。それも、国防総省(ペンタゴン)という国の重要機関に。しかし、君はそこまでだ。情報を盗み、それをどこかへ露呈する事も、サーバーを攻撃し、機能を停止させて国を危機にさらす事もなかった。だが、彼は違う。作戦を阻害したうえ、部隊だけでなく国家を危機へと落としめようとした。彼の罪は重い」
 国家反逆罪ともなれば、死刑は免れないだろうと付け加えた。私にはそれが、自分も同罪であると告げているように聞こえた。度合いが違えども、行為そのものは同じ。そして、私は合点が言った。何故、私がフォートミード陸軍基地に押し込まれ、そこで生活しなければならないのかを。自分の現実での鈍感さ、楽観さに思わず苦笑が漏れた。もっと、早く気づくべきだったのだ。軟禁されている上に、利用されている事に。もちろん、利用されていることには気づいていたが、私は処罰される事もなく、生きながらえているし、生活に支障をきたすどころかなかなか有意義に日々を過ごしていたし、退屈な日常とはかけ離れた、緊張感のある日々に従属している事に満足していた。
 私の知らないところで、きっと処罰はあったのだ。おそらく、私がここから逃げ出そうとすれば、私がこの『仕事』を断固として拒否すれば、次の段階の処罰が下される。
スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

08 11 ,2011  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。