FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

COLDSLEEP

まどるdが趣味でかいた小説をだらしなく垂れ流す場所


Category: ネタ   Tags: ---

なーんとなく4

ちょいと前なーんとなく3の記事で書いてて、色んな事を思いついた。あの記事で書いたとおり、まったく喋らない主人公を書きたいという事。これは、感情移入しやすい云々ではなく、主人公の表情や感情を抽象的に書くことによって読者独特の主人公を描いてもらう事が第一の目的。

前に書いた『喋らない主人公ってなんか感情移入しやすいよね』というのは、映像だからできる事じゃないかと思い返した。じゃあ、文章で主人公の姿を明確に記述しない事で、読者に提供できる事はなんなのかと考えると、自分独自の主人公を描けるという事だ。固定されていない髪形、固定されていない顔立ち、固定されていない身体、固定されていない身長、固定されていない声音。そこに読者独自の好きな主人公をあてはめて行く。それってなんか楽しい。
 さて、デメリットにかんしてだけれども。ちゃんと行動とかを描写できるかどうか、主人公の行動描写、心情描写をどう描くかである。この事に関しての解決策として、別人格を導入する。そして、一人称で書く。何故三人称で無いかと言うと、テーマを人格という存在に当てたいから。

人格についてほんの少し調べてみたら、やっぱ本来の人格が大事だから治療という方式が多いよね。中には主人格(本来の人格)以外を殺す、という方法でも治療が行われていたという。それを読んでピンと来たわけだ。人格に人権は何のかと。そりゃまぁ、一人の人間から生まれた『架空』の人格、人間の防衛反応から生み出された一つの『機能』だからなのかもしれない。けれど、人格と言えるほどなんだからそれはまるで人のように行動するわけだ。人間の身体機能を同じように扱えるわけだ。そこに、生命倫理はないのか。(あったらめちゃくちゃややこしい事になるんだけど)

なーんとなく2で書いたように、少しだけ『バイオポリティクス』に関して勉強してた。まぁ、興味本位だけど。その内容は、四つあるんだけども僕はフーコが提唱した、種に関する管理と利用について興味があった。
で、だ。そこで思いついたのが、

本来の人格よりも融通が聞いたり、頭が良かったりする人格の存在例があったりする。、その人格を軍事やら政治やら、何かの目的のために本来の人格が殺されて利用されしまう事が増えれば『バイオエシックス』の枠を超える問題となる。ここで、『バイオポリティクス(フーコの種の側面を排除=存在自体の管理、統制、利用)』的考えが適用されるようになる。
 それが電脳空間に入れる事が出来る様になった代価であり、考えて行くべき問題。

みたいな、ね。何が、ね、だ。 

話としては、そういう問題が浮き彫りになり始めたから『バイオポリティクス調査委員会』が発足している世界で、主人公の中にも別人格が生まれる。その原因として没入している際の事故の時にみた人影を追う事となる。

みたいな、ね。だから何が、ね、だ。

なんかメモガキみたいな記事だなおいwww あ、ここは主演はキアヌ・リーブスということで一つ。支離滅裂乙。
スポンサーサイト



Comment: 2   Trackback: 0

08 12 ,2011  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

 時間が取れなくて、連載されている小説を読むことができないので、こちらにコメさせていただきますね><
 時間が取れ次第、読まさせていただきます_(._.)_

>>じゃあ、文章で主人公の姿を明確に記述しない事で、読者に提供できる事はなんなのかと考えると、自分独自の主人公を描けるという事だ。

 面白い考えですね^^
 たしかに細かい人物の描写よりも、話し方や態度、行動などでその人物を連想することってありますよね^^
 これは人物の容姿だけじゃなくて、声とかもそうですね^^
 小説なんかを読むときは、そのキャラごとに声を無意識にイメージしてたりします。
 だからOVAになったりアニメになったりして、あまりにもイメージとかけ離れているとがっかりしてしまいます。
 こういうことにチャレンジできる、まどるDさんをすごいと思います^^

 それでは、次は小説を読みにきますね^^
Re: タイトルなし
>月黎風さん
コメントありがとうございます!

ある意味でキャラ設定の放棄臭もしないでもないんですがねw でも試してみる価値はあるかと。自分の力量でどれくらいできるか分かりませんが。

どんな主人公を想像したかっていう統計をとってやるとおもしろい結果が出るんじゃないかと一人で日夜考えたり。俳優ならこの人、アニメとかならこんな人、って具合で、結構偏ったりするんじゃないかな―。SF、特にサイバー系の主人公で思い当たるのは『JM』『マトリックス』主演のキアヌ・リーブスしかでないw 安易すぎるかw

 書いてる時は気にならなかったのですが、小説家になろうに投稿した時に読了予測時間が一時間を超えてた時にはびっくりしました。そんなに書いたっけな……地味に長いみたいなので、お時間のあるときにでも!

Leave a Comment

Back to top