1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

COLDSLEEP

まどるdが趣味でかいた小説をだらしなく垂れ流す場所


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: ネタ   Tags: ---

おためし

 彼はいつだって冷静だった。アメリカサイバー部隊(USCYBERCOM)に所属する彼は、電脳空間における特殊任務に従っている。何をするにも準備を怠らず、だから彼は任務にも失敗した事が無かった。だから今回の任務も、いつものように仲間と共に無事、還ってこられると信じて疑わなかった。電脳没入実行室へと向かい、割り当てられた揺り籠のような形状のコクーン型ベッドに座わった。電脳空間と自分の意識を繋ぐ二本の入出力プラグを手に取り、後頭部のジャックに挿入(インサート)した。いつものように電脳空間へと没入し、いつもの景色に狼狽し、いつもの任務に従って、いつものように動き出した。何もかもがいつも通りの状況だった。だが、それは唐突に起こった。
 旧世代のゲーム機の接触の悪さからくる映像のような歪んだカラフルな一枚絵。全ての音が無くなり、全ての感覚が無くなって、ただ目の前にある一枚の絵の情報を眼球が受動し、脳へと伝達して映し出しているだけ。そして、一枚絵は一瞬にして黒に塗りつぶされた。
 それを理解した瞬間に、強烈な恐怖が彼の中で破裂しそうなくらいに膨れ上がった。唇は戦慄き、身体全体が恐怖の寒気から逃れようと痙攣し、額から脂汗が吹き出た。カチカチとなる硬いもの同士がぶつかる音が頭の中で響き、遠くの方で誰かの叫び声が反響してくる。次第に鮮明になって行く意識の中、まどろみの中でまたあの一枚絵が頭の中に焦げ付きのように張り付いて、彼は金切り声をあげた。痙攣した身体で腕を抱き、目を強く瞑って抑えきれない涙を流した。苦いつばがわいてきて、飲み込む事さえできずに垂らした。脈うつ鼓動がかろうじて生きている証明だと思えて、彼は泥の中からやっと顔を出して息が出来たと感じた。そして、カチカチしていた音も、遠くから聞こえていた金切り声も、全部自分の物だと理解して救われた。だから、彼は更に叫んだ。自分の中に張り付いた恐怖を少しでも吐き出したくて、声がかすれるほどに叫んだ。泥の中から身体を這いずりだして、沈んでしまう前に何かにしがみつきたい一心だった。流れた暖かい涙が、泥に塗れた身体を洗い流してくれるようにと願いながら、必死に身体を抱きしめながら叫んだ。
 彼は直感的に、その一枚絵の正体を理解していた。だから、彼は迫り来る恐怖からは逃れられないと知っていながらも、自分を保ちたくて叫んでいた。その一枚絵は、死そのものだ。彼は脳神経の発火が全て停止したのだと悟った。あの一枚絵は、生き場を失い、脳で処理されることなくさまよい続ける情報だった。
彼の脳は停止していたのだ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

普通なら、脳死状態を客観的に理解することは不可能だ。けれど、今回の設定は、洗脳空間へと移行するための橋の役である二本のジャック(入力側と出力側)が規格変換してくれるインターフェース経由で電脳空間に自分の意識を送り込めるという設定で、インターフェースの不良により、規格変換されなかった情報が互換性のないまま脳内に送り込まれて、脳の中で処理しきれずにエラーを起こした、みたいな設定。……無理があるかな? 目的は「おお、こわ」と思ってもらえたらまぁ上出来かな、というところだろうか。んー、もっと上手くなりたい!

追記:少し書きくわえました。
スポンサーサイト

Comment: 3   Trackback: 0

10 21 ,2011  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

最初に「何がどうなって、そうなったか」という事の契機を書かなければ何が起こっているのか解らないと思います。実際、後書きを読んでようやく理解。「なん……だと?」という状態でした。ただ、あの接触不良から来るカラフル画面はどうにか想像できました。
この内容でしたら、最初に「成人男性が首にジャックを差し込んで電脳空間にダイブした」という旨の内容を書くべきではないでしょうか。
個人的な意見ですが、デン助にはこう受け取れましたのでコメントさせていただきました。
Re: タイトルなし
>デン助 福島産さん
ですよねー。少し書きくわえたいと思います。思いつきで書いたのが駄目だった!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。